取扱製品
 

「DAC2X」 2CH/DAコンバーター

DAC2Xはデジタル入力切替機能を持った、高性能ステレオDAコンバーターです。この製品は世界中の録音スタジオで使用されているという実績を持つEMM Labs社のリファレンスモデルです。

DAC2Xは多岐にわたるデジタル入力フォーマットに対応しています。コンピュータ用のUSBオーディオを含む多くのメディアシステムおよびデジタルオーディオの再生に対して柔軟に対応するスタンドアローンのコンバーターシステムとして機能します。DAC2Xは、ジッターの無い信号を取り出すことに成功しています。(他のほとんどのDAコンバーターのようにPLL回路は持っていません) その代わりMFASTというEMM Labs社独自の回路を開発しました。MFASTは、デジタル音源を、取り込み、処理し、変換し再同期させるといった過程を、入力信号とは非同期で動作する回路のことです。EMM Labs社は、入力信号を基準同期信号としてデータを変換処理し、音源に存在するクロック情報を手がかりにして、独立したDSPで内蔵の高精度のクロック信号を生成して同期させるという方法を思いついたのです。

 

 

DAC2Xの特徴 :

・ EMM Labs社独自開発によるのMDATアルゴリズムを採用し、
 SACD/CDのサンプルレートの2倍にアップサンプルする機能をそなえています。
・ エド・マイトナー独自開発によるディスクリートデュアルディファレンシャルDAコンバーター回路を採用しています。
・ 航空宇宙規格のコンポジットラミネート基板を採用しています。
・ EMM Lab社のTSDXトランスポートと組みあわせて使用することで、無類のSACD/CD再生システムを構築可能です。

MFASTの特徴 :

・ いかなる入力信号に対しても1000分の1秒以内で同期します。
同期信号は音源の同期信号には依存しないので、 音源側のジッター、フェーズ、タイミングエラーの影響を受けることはありません。
・ 単にジッター成分を減少させるのではなく、完全に取り除くのです。
・ MFASTは、他のシステムのような方法で入力ソースのサンプリング周波数に即座に追従しないので、ソース側のジッター成分や フェイズエラーの大きさに係わらず、ほとんどのデジタルソースにロックすることが可能です。
・ EMM Lab社のTSDXトランスポートと組みあわせて使用することで、無類のSACD/CD再生システムを構築可能です。
・ MFASTはソースのサンプリング周波数には依存しないので、接続されている機器からは何の影響も受けません。

 

仕様 :

対応デジタル入力フォーマット : AES/EBU(XLR) × 1 (192kHz/24bitまで対応)
  SPDIF(RCA) × 2 (192kHz/24bitまで対応)
  SPDIF(Toslink)× 2 (192kHz/24bitまで対応)
  EMM OptiLink (ST ファイバー端子) x 1  (DSD 5.6MHz)
  PC (USB) × 1 (192kHz/24bitまで対応) DoP (DSD) 対応
  (384kHz/24bitへのアップグレードソフトウェア対応)
出力端子(アナログ) : バランス(XLR)×1 (2番Hot)     4.6Vrms 最大レベル時
  アンバランス(RCA)×1          2.3Vrms  最大レベル時
システムコントロール : USB(ソフトウェア・アップグレード用)、RS-232
消費電力 : 50W
電源 : 100V, 50/60Hz, 消費電力: 最大50W, APFC (Active Power Factor Corrected)
寸法 : W435 × D400 × H92mm
重量 : 12kg
定価 : 2,299,000(税別)

Copyright 2012 High-End Ltd