取扱製品
   

2015年10月より Mola-Mola新製品・モノラルパワーアンプ「Kaluga」とステレオプリアンプ「Makua」を発売致します

価格改定のお知らせ 2015年3月2日

平素は格別のお引き立てを賜り、御礼申し上げます。

この度、EMM LabsとMeitner商品の希望小売価格を
改訂させていただくこととなりましたので、ご案内申し上げます。

弊社におきましても価格の維持に努めてまいりましたが、
周知の通り昨今の為替レートの変動によるドル高・円安傾向が今後も継続され
る見通しから 現状価格の維持が難しい状況となり、
2015年3月2日より希望小売価格を別紙の通り改訂させていただく事となりました。
何卒宜しくご理解いただきますよう重ねてお願い申し上げます。



 2013年 01月1日 新製品 「Meitner Audio MA-2」 を販売開始致します

 2012年 05月1日 新製品 「Meitner Audio MA-1 DAC」 を販売開始致します

■ 2010年4月11日試聴会のお知らせ EMM Labs社新製品XDS1一体型CD/SACDプレーヤー、ドイツ製Lansche Audio No.3スピーカ ーで実演

◆ EMM Labs社のリファレンスである新製品「XDS1」一体型CD/SA-CD プレーヤーは、これまでに存在したいかなる製品よりも優れたディスク プレーヤーであると確信します。完成度が高い、内部構造は完全に刷 新されており、抜群の信頼性ももちろん、これまでに体験したことない 純粋無垢なサウンドをご堪能してください。

◆ 驚異的な性能を誇る世界最高峰コロナ・プラズマトゥイーター搭載の ドイツ製新製品Lansche Audio No.3を鳴らします。振動版が存在しない こと、ストレスのない自然なサウンドを是非ご体験ください。

東京インターナショナルオーディオショウのご案内

2009年 10月2日~4日まで、 東京インターナショナルオーディオショウに 出展することになりました。 弊社の展示ルームは G509 です。皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

EMM旧モデル製品の修理について   

EMM旧モデル(全て)製品は、修理をお受けしております。 ご購入になられた販売店または弊社までお問合わせください。

『季刊ステレオサウンド』No.169号より、EMM TSD1 SACDトランスポートとDAC2/2Ch DAコンバーターをGrand Prix受賞致しました。

  

ダイナミックオーディオ 第32回マラソン試聴会のお知らせ。

ハイエンドショウトウキョウ 2008秋は無事終了致しました。 弊社ブースにお越し頂きましたお客様、誠にありがとうございました。

ハイエンドショウトウキョウ 2008秋 に参加致します ! 皆様のお越しをお待ちしております。

  


 

January. 2008 アメリカ・ラスベガスThe T.H.E. SHOW Report
 

2007年にラスベガスのT.H.E. SHOWで"Lansche Audio No.4.1"というモデルを出展して欧米で話題を集めました。 欧米でも高く評価されてモデルです。2008年のショウでで後継機が発表致しました。それが"Lansche Audio No.8"でした。

使用機材:

•  Lansche Audio, No.8 loudspeakers

•  GTE Trinity AMP & PSU (mono block, 4 triangular enclosures)

•  SQF, Hybrid 100M (mono power amplifier)

•  All connected with Stealth Audio Cables

•  Acoustic materials by Aygo Sound, AFEO panels

•  Room tuning by Shakti Innovations, Hallograph Soundfield Optimizer

 
 

使用機材:

Left rack, top to bottom:

•  GTE, Trinity DAC (interface, controller, PSU)

•  GTE, Trinity DAC (L channel)

•  GTE, Trinity DAC (R channel)

•  PS Audio, Power Plant Premier (AC generator)

Right rack, top to bottom:

•  Esoteric, P-05 (CD/SACD transport)

•  Denon, DVD player (modified for DVD A 24 bit 192kHz digital output)

•  Grimm Audio, CC1 wordclock generator

•  All cables by Stealth Audio Cables

 
 

Lansche Audio No.4.1スピーカー・ご試聴をご希望の方は、“ダイナミックオーディオ5555・6階”にてご予約をお願い致します。期間限定でご試聴させて頂きます。皆様 お早め に どうぞ♪.

 
 

10月5日より3日間 開催されました「ハイエンドショウトウキョウ2007」が、大盛況の中、 無事終了致しました。ご来場のお客様に厚く御礼申し上げます。 ありがとうございました。

オーディオ評論家三浦孝仁氏をお招きし、Lansche Audio No.4.1スピーカーの深い魅力について ご講演いただきました。 遠方各地より多くの皆様にお集まりいただき誠にありがとうございました。

 
 

ジャス&オーディオ評論家・小林氏は 96kHzDAT のオリジナルマスターのコピーを使用致しました。 Lansche コロナ・トゥイターはそのライブ録音された金管楽器の複雑な高周波倍音成分を、まったく問題なく再生しました。 たくさんのかたから素晴らしいご評価を頂き、有り難う御座いました。

 
 

   オーディオ評論家井上千岳氏は“コンロナ・イオン・トゥイターの魅力、振動板が存在しない、 1,500Hz~150,000Hzという広大な周波数レンジ、圧倒的な高音域限界性能、非常にピュアな音質について語っていただきました”。

 


弊社は「ハイエンドショウトウキョウ2007秋」に参加致します。2007年10月5日、6日、7日に東京有楽町駅前、交通会館12階Eルームにて開催されます。 皆様のお越しをお待ちしております。


講演スケジュール

5日(金) 13:00-13:30  自社講演
  15:30-16:00  演奏中止
  18:00-19:00   1時間  三浦 孝仁先生 講演
6日(土) 12:00-12:30  小林 貢 先生  講演
  14:30-15:00  自社講演
  17:00-17:30  井上 千岳先生 講演
  19:30-20:00  井上 千岳先生 講演
7日(日) 11:00-11:30  小林 貢 先生  講演
  13:30-14:00
 小林 貢 先生  講演
  16:00-16:30  小林 貢 先生  講演
● 試聴機材等の詳細は決定次第お知らせいたします。

Lansche Audio No.4.1スピーカーはステレオサウンド164号でExciting Components(エキサイティング・コンポーネント)を評価されました。


     

      

ご試聴をご希望の方は、ご予約をお願い致します。Lansche Audio No.4.1の素晴らしさは、一度聞いていただければ、クリアで自然な空間音響にきっとご満足して頂ける事でしょう。

〒113-0034 東京都文京区湯島1-1-8
JR秋葉原駅より徒歩6分
JR・地下鉄 御茶ノ水駅より徒歩6分
営業時間

January 2007 Las Vegas Show Report


http://www.audiofederation.com/hifiing/2007/CES2007/report/high-end-audio/the-show/part3/index.htm

http://stereotimes.com/CES07gCP.shtml

http://www.avguide.com/news/2007/01/10/ces-07-lansche-loudspeaker-system-shows-breakthrough-in-purity/
April/May 2007 『The Absolute Sound』 に掲載された記事


http://www.theabsolutesound.com/

The world's best-sounding tweeter? There are plenty of
contenders, but to my ears the argument is easily settled after a listen to the Lansche Audio Corona ionic tweeter used in its Model 4.1 ($45,000). These are essentially massless drivers, and bear some resemblance to the old DuKane Ionovac tweeters. A corona discharge is used to ionize a small region of air, which is then modulated by the audio signal. The tweeter is horn loaded for increased efficiency and covers the frequency range from 2.5 to 150kHz without resonances and with perfect impulse and phase response. An absolute joy!


Dick Olsher's Best of Show

Greatest Technological Breakthrough My vote goes to Lansche Audio for its reliable and high-sensitivity corona ionictweeter—that's the sort of high-tech breakthrough that gets my juices flowing.

Wayne Garcia's Best of Show

Greates Technological Breakthrough Lansche Audio's Corona Ion Tweeter. This one could have also fall under the Best Sound and Biggest Surprise categories, and even though its technology isn't exactly new, this German company's ion tweeter is something to behold. Displayed at T.H.E. Show, the Corona tweeter is essentially a zero-mass, point-source-shaped electric arc (plasma flame) that activates the surrounding air to produce sound. Unlike ion tweeters of the past, no gas refills are required, though a slight ozone odor is noticeable. Perhaps the most amazing thing about the Lansche's 4.1 system is the way the speaker's designers have been able to integrate the rest of the drivers with zero-mass tweeter. With luck, these will soon have U.S.distribution so we can report on them.


Jonathan Valin's Best of Show

Most Significant New Product In my rarefied neck of the woods, it would have to be a toss-up between the Lansche No. 4.1 loudspeaker because of its standard-setting plasma tweeter, the diminutive AudioMachina Pure System loudspeaker because of its phenomenal 20Hz bass, and the Sonus- FaberElipsa loudspeaker because of its overall openness, spaciousness, and neutrality.


March. 2007 『WHAT HI-FI?』 Sound and Vision に掲載された記事

      

March. 2007 Korea『Audio』 に掲載された記事


           

 

 

 
Copyright 2013 High-End Ltd
l