取扱製品

スピーカー・ケーブル 

Dream

今日の最高の夢のスピーカーケーブルが出現しました。その開発には2年の月日を費やしました。ドリームケーブルは 3本ずつ4組に分けられた12本のワイヤーアッセンブリとディバイダの役割をする4本のスペーサから成り立っています。 それぞれのワイヤーアッセンブリの直径は6.35mmで、2種類の異なった太さの99.999%純銅ワイヤ2本と99.997%の純銀ワイヤ2本、合計8本のワイヤが、芯線を取り巻くように配置され、独自の無共振リッツ構造を構成しています。

これらのワイヤーアッセンブルは、中空で柔軟なパラ・バキュームと呼ばれる、ヘリウムが満たされた複数のチューブのコアを中心に取り巻いています。 3本のワイヤーアッセンブルは隣り合わせに並行に配置され、ワイヤーバンドルとして形成しています。4本のスペーサ (直径6.35mm)の青色のテフロンフォームによって分離されています。スペーサを使用することで、ケーブル間のキャパシタンスを劇的に減少させ、アンプによる発振をなくし、確実に安定動作させることができます。さらに、このスペーサの働きで、損失のないバイワイヤリング接続にも対応します。シングルワイヤリングには 2本ずつをひとつにまとめて、それぞれを+/-に接続します。バイワイヤリングには2本ずつ2組を、それぞれ独立して接続します。楕円形状の直径は35mmですので、ステルス社シルバー端子に適合しています。 

 

 

 

 

 

 

 

New Generation Hybrid MLT

金、銀、OFCの導体をマトリクスとした4芯構造のスピーカー・ケーブルです。プラス側とマイナス側に2芯ずつ接続します。絶縁は多孔質テフロンと空気によるリッツ・タイプ。極細線の採用によって表皮効果とオーバーオールな“Q”ファクターを低減し、静電容量とインダクタンスを抑えリンギングを防止しています。独自の3次元43層絶縁TATCマルチゲージ構造も採用。高度な透明度と解像力を保証します。 


Cloude 99

Cloude 99スピーカーケーブルは、Cloude Nineに類似しています。しかし、銀の純度はさらに高くなっています(Cloude Nineが99.9%に対し、99.997%)。もっとも重要なことは、絶縁体がさらに進化していることです。Cloude Nineが空気であるのに対してCloude 99は真空なのです。リボン状の6本の純銀フラットケーブルは、螺旋状に編みにこまれ、終端は+・−2本のリード線に分けられています。このリード線は99.997%の純銀製で幅は1/8インチ、厚さは0.01インチです。 銀製のリボンは、1本ずつ、ヘリウムが満たされている直径が1/4インチの透明で柔軟なODチューブに軽く螺旋状に捻られながら装でんされています。

このチューブは銀のワイヤーの端がほんの少しだけ触れる程度で、平らな部分はヘリウムガスのみに包まれています。さらに、それぞれのチューブはヘリウムガスが漏れ、空気に触れて銀の酸化を防止するために、しっかりと密封されています。測定の結果、絶縁定数は1.0で、これは真空と同等なので。種類にもよりますが、もっとも緻密で、硬いテフロンでさえ2.2〜2.5mです。(その他の固体の絶縁体はさらに高い係数なのです。絶縁係数が1.0に近づくことで、主観的な゛速さ゛が体感できるようになります。Cloude 99は太くにもかかわらず、柔らかく、柔軟で、まるで゛雲”のように見えます。

Cloude 99の主な特徴  

* 99.997%の純銀製の(低インダクタンス)フラットケーブル

*透明なチューブによって分離された6本のメッシュ導体

* パラーバキューム絶縁体、ステルス・オリジナル・純銀製端子

* Biwireの対応(発注時に、仕様の選択が可能)

 

 

 


 

Copyright 2012 High-End Ltd