取扱製品

Lansche Audio No.5.1最大の特徴

この画像を拡大して見る

ランシェ・オーディオ(Lansche Audio)はドイツ南部、スイス国境に面したコンスタンツに本拠地を置いています。No.5.1パッシブタイプのユニットを使用した3ウエイスピーカーシステムは“音楽”を如何に忠実に再生するかを目標に設計されました。今や伝説になるほど有名になった、原音に忠実なコロナ・プラズマ・トゥイーターを使用しています。ノン・ダイヤフラムのドライバーは、まったく共振することなく1.5kHz〜150kHzという幅広い周波数帯域を再生します。このコロナの高性能・高品質に肩を並べるほどのトゥイーターはまだ他に存在しません。

中音域の周波数は、ポリプロピレンコーンとソリッド・ダイキャスト製バスケットを採用した4インチの中音域ドライバによって再現されます。このドライバの質量はわずか7グラムで、アンダーハング型ボイスコイルとシンメトリーなドライブの組み合わせにより、「深さ」のリゾリューションは非常にきめ細かいものとなります。短いボイスコイルと長いギャップが優れたリニアリティとスピードをもたらし、ダイナミックコンプレッションが排除されるため、プラズマトゥイーターに最適です。

ドライバのラインナップの仕上げには、コンポジット硬質振動板を用いた2つの8インチ型ウーファーを前面に搭載。これらのロングエクスカージョンドライバによりメンブレン変位は2.5cmを実現、移動質量はきわめて低くわずか30グラム、磁場は1.1テスラで、高速なローエンドが実現しました。

クロスオーバーネットワークは高音質の音響専用部品が使用され、ワイヤリングには銀メッキされたOFCケーブルが使用されています。トゥイーターとウーファーは背面パネルのジャンパーで設定が可能です。これらのターミナルはバイ・ワイヤリングあるいはバイアンプ接続が可能です。綿密に作り上げられた筐体はMDF/セラミックス/衝撃吸収材の多層構造になっており、ラウドスピーカーの優れたオーディオ性能にとって理想的な音響基盤となっています。内部は格子状に組み上げた板で補強されており、重要な部品を守る筐体の頑丈性をさらに高めています。

  

 この画像を拡大して見る

 Lansche Audio No.5.1仕様

 

形式:

3ウェイバスレフ型スピーカーシステム

トゥイータ:

1 x 8mm コロナプラズマトゥイーター

ミッド:

1 x 10cm ポリプロピレンコーン

ウーファ:

2 x 22cmガラス繊維、ポリエステル繊維のコンポジットコーン

クロスオーバー周波数:

200Hz/2.5kHz

インピーダンス:

4Ω(平均値)、3.2Ω(最小値)

感度:

90dB/1W/1m

最大音圧レベル:

114dB

再生周波数帯:

32Hz〜150 kHz±3dB

入力端子:

2組: 1 x bass 1 x mid+high

 

バイ・ワイヤリングあるいはバイアンプ接続

高音域レベルコントロール:

+1dB, 0dB, -1dB, -2dB (可変)

低音域レベルコントロール:

0dB, -3dB (可変)

内部配線:

銀メッキOFC

寸法 (HxWxD):

102 x 25.8 x 49cm

重量:

78kg/1台

標準小売価格:

4,851,000(税別/ペア)

 

製品の仕様は予告なく変更することがあります。

 

Copyright 2012 High-End Ltd