取扱製品
 
 

「CDSA SE」 SACDプレーヤ/一体型

EMMラボ社は、常に枠にとらわれない考え方をすることで有名です。この考え方によって、いくつかの特許や数十の革新技術が導入され、その製品の音に耳を傾け、最終的に購入した消費者、専門家、批評家から高い評価を受けています。

EMM ラボ社のCDSA SE CD/SACDプレーヤを紹介します。これはデュアルフォーマットのプレーヤであり、単にCDの音を SACDフォーマットにアップサンプルするものではなく、SACDの2倍のサンプリングレートにアップサンプルするのです。

CDをCDSA SE にセットすると、このプレーヤは、44.1kHzの信号を 5.6448MHz にアップサンプルします。これによってCDのサウンドは、SACDに限りなく近づきます。この信じられないような事実は、独自のマイトナー・デジタル・オーディオ・トランスレータ(MDAT)信号処理技術によって実現されるのです。MDAT は、これまで業界にはなかった技術です。MDATを装備した CDSA SE プレーヤは、デジタル信号を標準的な連続したサイン波として扱うのではなく、音楽信号のもつトランジェント特性を失うことなくデジタル信号処理します(CDの音をDSD にアップサンプルしてからアナログに変換します)

 
 

 
 

CDSA SEプレーヤを他の競合製品と差別化するもうひとつの重要な開発は、世界初で唯一のディスクリート・デュアル・ディファレンシャル D-to-A 変換回路です。EMM ラボ社は、一般市場向けで妥協と制限がつきものの既製の変換用チップに頼るのではなく、独自の変換回路を開発しました。これは画期的な技術革新です。この新型変換回路によって、現在までに製作されてきたD/A チップにつきものの部品相互の干渉が完全に取り除かれた、非常に印象的なすばらしい音質となっています。

このCDSA SE プレーヤは、 最新の航空宇宙グレードの合成ラミネート回路ボードが使用されています。また、メカニズムは最新の高信頼度を持つ、オーストリア “Stream Unlimited” 社製のメカニズムを採用しています。これらの特別仕様の結果、CDSA SEプレーヤは、これまで製作された中で最も革新的で高性能なCD/SACDプレーヤになりました。音を聞けばすぐに実感できます! 

 
  ■ 仕様:
  対応ディスクフォーマット: Redbook CD, Stereo SACD, MP3
  デジタル出力: AES/EBU
  アナログ出力: バランスXLR), 100Ω、アンバランス(RCA), 50Ω
  テクノロジー/特徴:
  ・ マイトナー・デジタル・オーディオ・トランスレータ(MDAT)信号処理技術
  ・ 専売特許のディスクリート・デュアル・ディファレンシャルD-to-A変換回路
  ・ 専用合成ラミネート基盤
  ・ 多機能赤外線リモートコントロール
  ・ ユーザによる選択が可能なリアパネルの出力電圧コントロールスイッチ
  ・ リモートコントロールによりデジタル領域内での位相反転可能
  ■ 電源:
  工場出荷時:100V, 50/60Hz, 消費電力: 最大60W, APFC (Active Power Factor Corrected)
  材料:
  ・ 高度減衰、低反発、急速凝結ポリマの合成の振動制御素材を使用した純アルミニウムシャーシ
  寸法: W435 x D400 x H140mm
  純重量: 12kg
  定価1,984,000円(税別)

Copyright 2012 High-End Ltd